読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Good morning / おはよう世界

最後のフィルム世代より

065.悪い夢、或は幻さ

散歩している時に、遠く向こうで救急車のサイレンが聴こえた。

064.覚醒する脳味噌は剥がれ落ち

絵を描く道具、とは何か。

063.スターボーイはリンカーネイト

異世界を見てきた。

062.ジンジャーエール、買って飲んだ

美味しいお酒、あるいは辛口ジンジャーエールの飲み方。

061.不確かに確かな存在感

雲は波のようだ。

058.去る者は追わず、サタデーナイト

『道具』について。もっと云えば、今日はみんな大好きApple製品を貶します。なのでそういうのが苦手な人はそっとウィンドウを消して下さい。

057.悩める苦悩

もみあげを、伸ばしている。

056.新しい予感に泣きそうだぜ

最近、喪失する事ばかりだ。

055.変わる変わる変わる変わる

『遊ぶ』という言葉の概念は変化していく。

053.他人の眼が気になっている

先日、友達と打ち合わせをした。ミーティング、ともいう。来年から何かを始めよう、と、持ち出したのは半分僕で半分向こうだった。話はとん、とん、と進み、そして打ち合わせた。

052.今、君はどうだい?

「人間、結局は一人なんだ」と、誰かからの受け売りの言葉を友達が云っていた。朝電車に揺られながら、なんとなく僕は思い出していた。

050.呼んでいるのは誰なんだ?

大学時代の友人が語っていた事に触発されて。今日は少しだけ、僕の仕事の話。

049.神々に会った

昼間から酒を飲んだ。

048.揺るがぬ勇気

音楽とは基本的に『耳』で楽しむものだ。メディアプレイヤーにヘッドホンなりスピーカーをつけて、聴覚を楽しませる為に僕達は音楽を流す。それは今の時代になってより加速した気がしている

047.少女は何も失わないさ

彼女達が僕のもとへ来て、もう二年以上経つ。

046.まるで僕らは始めから

村上春樹。今日の昼休み、僕は『羊を巡る冒険』を終えた。風の歌を聴き、1973年のピンボールを打ち終え、そして冒険が終わった。僕は踊る為に、この一週間弱を費やしてきたんだ。

045.なんで美味いような気になっていた

人は何かしらルールを持っている。そんなのはない、という人でも、多分本人が気付いていないだけで、いくつかのルールに乗っ取って生活をしているはずだ。

044.湿気たナッツ、温いコロナ

挨拶っていうのは、ささやかながらも、とても大切な台詞だ。

039.All you need is TOUGH!!!!

昼ご飯は、大切だ。午前中の仕事を終えて、午後へ向けての転換点に当たる。移動で考えれば乗換駅だ。間違えれば明後日の邦楽へ行ってしまう。だから昼ご飯に何を食べるかは、その後の生活に多大な影響を及ぼす。だから美味い昼ご飯を僕は探し求める。

038.妙な勘繰りしたんだ

先輩と飲みに行った。その先輩はいつも大変お世話になっている人で、誰とでもすぐに仲良くなれるような気さくな人物だ。僕が目指す場所に立っている一人なのには間違いない。僕達は食事中、決まって恋愛絡みの話をする。

036.銀色の眼で追いかけてる

僕はガラスという材質が好きだ。

035.死ぬまで笑う

朝、電車に乗っていた時、子供の泣き声を聴いた。電車の中で子供の泣き声を聴く、なんてのはよくある事だ。でも、その時の泣き声は、いつもと違っていた。

034.準備オーケー ほんとはまだ

僕は、人にモノをあげるのが好きだ。もっといえば、人に何かをプレゼントする、そしてそのプレゼントを何にするのか、それを考える時間を愛している。

032.なぜか、今日は殺人なんて起こらない気がする

自分でいうのもなんだが、僕はそれなりに本を読む読書家だと思っている。そりゃあ、世の中には一日一冊、必ず本を読む人もいるだろう。僕は一ヶ月に数冊読むくらいだから、それに比べたら全然だ。だけど本を読んでるんだから読書家といっても差し支えない筈…

030.丁寧にフライパンを温めろ

僕はよく、グミを食べる。子供の時から菓子は好きだ。チョコレート、飴、アイス。しかし最近になってよく食べるのは、グミだ。近頃は色んな食感、味のグミが発売されているのが面白い。一番好きなのは昔からあるハリボーのコーラグミだ。今日の昼も、ラーメ…

029.紹介しますね、親友のAさん

昔話のほうが、変な事が多い。というより当時は変だと思ってなかった事が、今の歳になって考えたらものすごく変だったのだ、という事か。今やっているこのブログもあと5、6年後には変な事になっているだろう。そんな昔の、変な話。多分8年前。

028.世界を変えてしまうかもしれない

ささやかな夢の話をしよう。

027.ところで君は知っているかい?

もうすぐ10月も終わる。

024.君が忘れて消えた街

この街に、嫌なモノが来るのを聞いた。

022.馬鹿も受理される

人は5000円で、何が出来るだろうか。新しく迎えるデザイナーさんと先輩の三人で飲んだ帰りの事。先輩が鞄からひとつのクリアファイルを取り出して、「石、買ったんだよ」といって写真を見せてくれた。ラブラドライトと呼ばれるその石は、写真でも判るくらい…

021.ワンダーラストが、まだ遠くで呼んでいる

土曜日、僕は大井町へ向かった。そこにある一軒の店が目当てで、用事が終わればもう用はない。30分ほどで事は済み、僕は店を出た。時間は一時半過ぎ。小腹を空かせた僕はどこかでメシを食べて帰ろうと思った。それが短い旅の始まりになる。

020.でも、待ち合わせは何時でもいいさ

僕は夜道の散歩が好きだ。いつの頃からだったろう。ヘッドホンを付けて、夜の十時くらいから、当ても無くフラフラと散歩する事が僕の趣味になっていた。徘徊っていうとアレだね。それで先日の散歩の時にふと思った。『そういえばなんで、こんな事するように…

019.シャリをゆっくり噛み締めて

最近やたらと魚を食べる事が多い。というか、多分ほぼ毎日魚を食べている。夕飯に食べる事もあれば、ランチの時に食べる時もある。流石に朝はない。先日のランチ時に見つけた食堂の焼サンマと刺身三点定食は美味かった。そんな魚好きの僕も、未だ食べた事な…

015.煙草の灰が溢れて

今日の昼ご飯は上司と取った。うちの会社は上下関係というものがあまりなく(もっとも、礼儀と敬意は払うけど)、その上司とは絵を中心にいろんな事で話を交わす事が多い。今日も今日とて僕はタコライス、上司はタイカレーをつつきながら、『匂いのメカニズ…

014.昨日さえも夢のようです

もう十月も半分が終わった。このブログも始めてから二週間と一日経った訳だ。昨日この事を書いておけば良いのにバカだなぁ。そう、一年があと二ヶ月半で終わってしまうのだ。昔は一年が経つのが随分と長かった。しかし時間が速くなったのは、どうやら僕だけ…

013.武蔵野の街から今ここへ

ギター教室の体験授業に行ってみた。思えば、ギターという楽器を手に入れてからもう5、6年も経つ。なのに僕は趣味レベルでもかなりヘタクソである。ギターといえばちょっとオシャレな趣味みたいなもんだが、とてもじゃないが堂々と『ギター弾けるんですよ』…

012.車両窃盗の少女

グランド・セフト・オート、というゲームがある。自由度の高い箱庭ゲームで、僕が中学校三年くらいの時から人気があるゲームだ当時の僕はPS2を買ってもらったはいいものの、ろくにするゲームもなく、当時大河ドラマをやっていた事で人気のあった新撰組のゲ…

011.蹴る、歩く、走る

僕は歩く事が好きだ。夜9時半くらいになると、夜食を買いに出たくなり、そのまま一時間ほどふらふらと夜の街を彷徨ってしまう。地元の道は大体把握出来ているから、当ても無くひたすら歩く。気が向いた道に入ればいいし、喉が渇いたらその辺にある自販機で…

010.ひるめしの苦悩

うちの会社は一時間の昼休みがある。その一時間は基本的に何をしても大丈夫で、食事をとるのは勿論、昼寝をしても構わないし、買い物に行っても大丈夫だ。なんであれ、一時間以内に全ての事を済ませれば問題はない。

005.漫画、イラスト、美術大学

僕は美大出身である。美大出身というワードは、まわりの人々に対して大きな影響力を持っている。あいつは美大出身だから絵が上手いはずだ、デザインがすごい出来るはずだ、美術史にも詳しいだろう、頼めば何か作ってくるに違いない、そんな感じで色眼鏡で見…

003.ドレットノート

つい最近になり、フルサイズのアコースティックギターを購入した。大学二年の時に一万五千円ほどのモーリスのミニギターを手にしたことがあったのだけど、弾き難さと音量の小ささに結局手放してしまった。それから近くのゴミ捨て場に置いて行かれていた無名…

001.僕と「渋谷」という街

今の勤務地は渋谷の道玄坂方面にある。歩いて二十分ほどの場所に伊東屋、代官山蔦屋といった文具には困らない店があり、また周囲には美味しいランチが食べれる店がたくさんある。働く環境としてはなかなか悪くないところだと思っている。しかし去年の十二月…

000.一日一乙

皆さん、はじめまして。このたび本ブログを始めることになりました、otuhitoという者です。このブログはこれといったテーマもなく、ただただ私個人が書きたい文章を書き、描きたい絵を描き、載せたい写真を載せるだけのブログになる予定です。メインは文章に…