読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Good morning / おはよう世界

最後のフィルム世代より

104.夏の終わりとエルマー

気がついたらもう夏はとっくに終わって、秋から冬になろうとしている。

 

Sumarron f3.5 35mm + Rollei Infrared 400

 

前回夏休み前半のことを書いてから随分経った。

9月には大学4年間を一緒に過ごした大切な友人の結婚式を、

10月頭から中旬にかけては夏休み後半戦を過ごし、

その中でミラーレスのSDカードの容量と、ライカのフィルムをひたすら消費していた。

 

FH000030

 

普段もっぱら持ち歩くのはフィルムカメラだ。ライカ Ⅲc。

付けてるのはエルマーか、ズマロン。ズマロンのほうが機会は多いかもしれない。

50mmという画角は標準というより、やや中望遠なのだということを知った。

35mmのズマロンはそのへん使い易くていい。見たまんまの景色な気がする。

 

PA020205

 

ただ、これが結婚式だったり、水族館だったりになるとライカの出番はない。

E-M5にはパナライカのズミルックスが付いてる。50mmでf1.4。

不思議なんだけど、ミラーレスで50mmを使ってる時は別に中望遠とは思わない。

確かに見たまんまな印象だ。だから使い勝手が凄くいい。

 

多分本当は50mmが見たまんまなのだ。

それの結果が今すぐ見えるか、一ヶ月先じゃなきゃ見えないのかの違いで。

ライカで撮った時の、ファインダー越しの光景なんてはっきりと覚えてないからね。

Ⅲcのファインダーはお世辞にも綺麗とは言えないから、それも一因なのかも知れない。

ズマロンは35mmで、外付けファインダーを使ってる。こいつがすごく見やすい。

だからって50mmのファインダーを用意するのもバカバカしいというか、格好悪い。

 

バルナックライカはエルマーと組み合わせて、初めて工業製品として完成する。

何も足さないでいい、引かないでいい。余計なものがない美しさ。

エルマーを買った当初は慌ててフードなんかを探して、朝一番に上野に行ったものだ。

でもそれも最近使っていない。邪魔なだけだよ。考えて使えば、ちゃんと撮れるさ。

 

Untitled

 

今エルマーは、かねてから不調だった絞りリングの修理を込みでオーバーホールに出している。

火曜には戻ってくるので、そこからフィルムカメラの50mm画角に改めて取り組んでみよう。

僕はまだ、あのレンズの本気を引き出せていない気がしてならないんだ。