Good morning / おはよう世界

最後のフィルム世代より

132.那須塩原へ行く

那須塩原、という地名は随分前から知っていた。どこで知ったかは忘れた。

ゴールデンウィークの予定を考える中で、千葉県河川海岸、八景島といった

メジャーどころの地名が上がる中、ぽっと思い出したのがそこだった。 

 

今年の僕らのゴールデンウィークの目標は『都会の喧騒から離れよう』だった。

なんだかご年配感のある目標だが、お互い首都東京のど真ん中で仕事をしている身。

旅の理由には十分なものだ。 観光よりもゆっくりしたいが勝ったのである。

調べてみたら 、二週間前にして新幹線は余裕だった。しかも割引が効く空きっぷり。

こりゃーもう行くしかないと、見つけてもらったホテルを取って行ってきた。 

 

FH000019

 

塩原温泉バスターミナル。ホテルには、ここからさらに送迎バスで行く。 

廃屋は昔はレストランだったみたいで、焼うどんの文字が見えた。

 

FH000024

 

滞在中、馬車を何度か見かけた。多分毎回同じ馬だろう。

一般的な馬のようなか細さのない、農耕馬のような逞しさだった。

 

FH000020

 

FH000021

 

泊まったホテルはとにかく清潔感にあふれ、個室の風呂は檜風呂(温泉ではない)、

写真はないけど料理も美味しく、露天風呂も実に気持ちがよかった。

まわりに観光地がないのがデメリットだが、目的にはぴったりなホテルだった。

 

06950005

 

FH000025

 

06950012

 

塩原温泉は観光地、というよりもどうやら釣り場として人気があるようだ。

宿泊の翌日は川辺に行ってみたが、そこには釣り人が何人もいた。

まぁ、これだけ綺麗な川なら釣りしたくもなるよね。俺も釣り好きだしさ。

 

06950004

 

06950003

 

というわけで二人して釣りもした。釣り堀でエサ釣り、正しく入れ食いだった。

魚との真剣勝負ではなかったけど、ニジマスの引きは楽しめたし、

なにより釣ったばかりの新鮮なニジマスの塩焼き、唐揚げは絶品だった。

隣で釣りをしていた親子は10匹を軽く釣り上げ、豪勢なランチをしていた。

 

06950010

 

そうだ、僕が塩原を知ったのはこれだったのだ。

目の前にして鼓膜に染み付いたワンフレーズがリピートした。

それは、子供の頃に散々聞かされた「ホテルニュー塩原」のCMだった。

その場所へこうやっていくことになろうとは、思いもしなかった。

ホテルニュー塩原は一部の施設が閉館状態になっていた。

 

那須塩原、というより塩原温泉。懐かしさのあふれる場所だった。

発展というよりは、時が止まってゆっくりと閉じていく空気があったけど、

それでもお世話になったホテルや、釣り堀で魚釣りに興じる子供達がいる限り、

新幹線の駅からJRバスで一時間半の温泉郷は、今日もゆっくりとあり続ける。

 

06950031

 

そしてゴールデンウィークが終わり、僕の日々は続く。

 

今週のお題ゴールデンウィーク2016」