読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Good morning / おはよう世界

最後のフィルム世代より

169.NATURA 1600をISO400で使うススメ

 

 

いろいろなフィルムを使ってきているけれど、

中でもカラーネガでよく使うのはコダックのスーパーゴールド 400と、

この富士フイルムNATURA 1600。ISO1600の高感度フィルムだ。

 

でも僕はこのフィルムをISO1600で使うことはほとんどない。

じゃあどうやって使っているのか、というのは表題の通りだ。

僕はこのフィルムを使うとき、ISO400の設定で露出を測っている。

NATURA 1600は光を感知できる幅が広く、ISO400〜1600で撮影ができる。

同じNATURAの名前を持っているカメラ、NATURA CLASSICAも、

このISO感度で撮るためのNPモードだかがあったと思う。

でも別にそんなモードが無くたっていい。要はISO400で撮ればいいのだ。

 

普通のISO400のフィルムを使えばいいじゃない、という声もあるだろうけど、

たとえ暗い時間帯になっても撮影ができるという安心感があるし、

なにより、単純に、ISO400のときの発色が好きなんだ。

ISO1600で使うと目立ってしまう粒子感もすっかり影を潜めてしまい、

以来僕はこのフィルムはISO400で使う前提で買っている。

 

FH000005

 

FH000008

 

FH000009

 

FH000011

 

FH000013

 

FH000019

 

FH000026

 

FH000027

 

FH000035

 

もし「買ったはいいけどISO1600なんて使うシーンないよ」とか、

「粒子が荒くて使い物にならない」なんて思ってる人がいたら、

ぜひISO400の設定で露出を測って使ってみてほしい。

明るさが段階調節できるカメラなら+2の設定でいいはずだ。

 

ちなみに、NATURA 1600は昨年末に3本セットの販売が終了してしまった。

まだなくなったわけではないけど、この素敵なフィルムが消えるのは寂しいな…