Good morning / おはよう世界

最後のフィルム世代より

183.カメラを使うこと、写真を撮ることの意味について

FH000028

 

大層なタイトルだけど、実際そんなことはない。

 

僕にとってカメラを持って写真を撮る、ということは当たり前のことだ。 

「息を吸うように」というのはあまりに大げさすぎるけれど、

例えば電車に乗るために定期を持っていくように、雨だから傘をさすように、

出かけるからカメラを持っていく。それが当然だから。 

 

FH000029

 

だからそれが誰かの役に立つだとか、そんなことは考えてない。

撮りたいものだから撮る。空のウイスキー瓶でさえ、僕には撮りたいものだった。

大義名分なんてものもないし、頼まれたわけでもない。

 

FH000019

 

去年のデザフェスで、とある人が奥さんと一緒に展示を見に来てくれた。

その時撮らせてもらった二人が写った一枚を、写真立てにいれてプレゼントした。

今日その人と別件で話した時、その写真が結婚式の映像の最後で使われたのを聞いた。

奥さんがそれを気に入ってくれたのだという。それを聞いて、僕は嬉しかった。

 

FH000030

 

僕にとっては何気ない一枚だったものが、誰かにとって大事な一枚になることもある。

スナップ撮ってばかりの僕だが、人を撮らせてもらって、そんなことがあった時、

「カメラをやっていてよかったな」と思ったりする。

 

結局それをやる意味なんてものは、誰かが見つけてくれるのだ。

スナップを撮る意味も、いつか誰かが教えてくれる時がくればいいな。

 

お題「カメラ」