読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Good morning / おはよう世界

最後のフィルム世代より

096.嫌いな街

僕の本業はweb製作会社のコーダーだ。htmlという言語でサイトを作る人。

会社があるのはザ・若者の街、渋谷。ゴミ溜めのような街、渋谷。

もう通い出して4年くらいになるけど、センター街近辺はいまだに嫌いだ。

それは同じ渋谷に職場を持つ人、遊ぶ友達の皆が言う事。

あの街を心の底から愛せる人は、多分どっかのネジがないのだろう。

 

とはいえ、南平台まで足を伸ばせば、裏路地には閑静な住宅街が広がり、

猫があくびし、下校の小学生が見えない敵と戦っていたりする。

そういったシーンを見る度に、渋谷もまぁ捨てたもんじゃねぇなって思う。

そういうわけで、今回は撮ってきた写真の中から、僕の好きな渋谷を紹介したい。

 

AGFAPHOTO VISTA400 + FED-2 (industar 26M 5cm f2.8 )

 

僕の働く会社の近くには、タレントペットのお店みたいなものがあって、

お昼から夕方早くに掛けて、そこの店員さんが犬を散歩させていたりする。

この犬はなんていう種類なんだろう? 毛はふさふさで、前が見えないくらいだった。

 

Untitled

 

渋谷道元坂の上のほうにあるコーヒーショップ。about life coffee brewers

席は無く、店内には立ち飲み用の小さめのスペースがあるだけで、基本テイクアウト。

ここのカフェオレが僕は好きだ。使ってるガムシロップが他とは違う。

前に好きな人がアイスコーヒーを頼んだら、それはひどく酸っぱかったけどね。

 

Untitled

 

渋谷駅の宮益坂方面口、ヒカリエの真正面にあるバスターミナル。

僕は働く人の後ろ姿が好きで、よくこういった警備員さんとかを撮ったりする。

冷静に考えれば、時速30km以上の車が縦横無尽に走るド真ん中にいるわけで、

そう思ったらこれは結構怖い仕事なのだなと。慣れの問題なんだろうけどね。

 

SDIM0439

 

基本、服はユニクロな僕だけど、靴にはある程度こだわりがある。

そんな中で見つけた、渋谷で僕が通う唯一のセレクトショップMilok

場所が場所なだけあって、いつもゆっくりとした時間がここは流れている。

靴紐を変えれば靴の印象が変わるのも、ここのお店で教えてもらった事だ。

紐ひとつ買いに行っても、ここは暖かいコーヒーで迎えてくれる。

 

Untitled

 

これが今のところ、僕のイメージする素敵な渋谷を象徴する一枚。

アコースティックギタリストのSBALさんが、大阪のryo tracksさんと一緒に

渋谷駅西口前で路上ライブをやっていた時に撮ったもの。

路上アーティストってあまり好きじゃないんだけど、SBALさんは好きだ。

この時の演奏は本当に素晴らしかった。それを押さえられて良かったと思う。

そしてこれがタダで聴けちゃうのが、わかりやすく『渋谷』なんだろう。

うちの地元なんかでやったところできっと意味はない。

 

最初に言った通り、僕は渋谷という街が嫌いだ。

それでもその中に良いと思えるシーン、愛せる場所が少なからずある。

4年もあの街に居て毒されていないのは、そういう場所があるからだろう。

そんな場所を探して、今日もまた僕はあの街に赴くのだ。