読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Good morning / おはよう世界

最後のフィルム世代より

129.AFカメラをしばらく使ってみて思うこと

これは今現在のことで、これから先また認識が変わるかもしれない。 でも今の僕がこう思ってるのは間違いないので、残しておくことにする。 いかんせんフルマニュアル使っていると、人を待たせることになる。 それがどうにかならないかなーと思ってAFカメラを…

128.さよなら、CONTAX T2

これがつい先日の記事なんだけど。 camera-stylo.hateblo.jp ここに写っているT2は、もう僕のもとにはいない。 前回の記事の最後で少しだけ触れたことがあった。 それは「撮影枚数を少し残してフィルムが巻き戻ってしまう」というもの。 幸い購入店の中古保…

127.dessin No.2

「モノクロ写真で写真を修行しよう!」的なノリのdessinシリーズ。 前回は富士フイルムの定番フィルム、ネオパン100で撮り切った。 camera-stylo.hateblo.jp 今回は最近になって新しく発売されたフィルムを使ってみた。 ILFORDのフィルムを輸入しているサイ…

126.CONTAX T2に委ねてみた

前回で最短撮影距離について触れた際、最後のほうで 「最短撮影距離70cmの良いカメラがある」というフリをしていたと思う。 それが、フィルムカメラをやる人なら一度は聴いたことがあるであろう名機、 「CONTAX T2」だ。 このカメラはLC-A+の時などにも紹介…

125.ライカと僕と景色を繋ぐ距離

バルナックライカはとても良いカメラだ。これは疑いなく言える。 70年以上昔のカメラだけど、ガサツな使い方をしてもちゃんと動いてくれるし、 フィルムを巻いて、ダイヤルを合わせてシャッターを切るまでの感触が気持ち良い。 買う気がない人は触らないほう…

124.dessin No.1

絵を仕事にしている友達が言っていた。 「大事なのは光がどう当たっていて、どう反射してるかを意識するといいよ」。 残念ながらそれを絵に生かすことは出来なかったけれども、 かなり遠回りをし、相原さんの本を読んでわかった気がする。 光を意識して撮る…

123.散歩とスナップ

散歩が好きだ、それが趣味だなんて、ジジ臭いだろうか。 正確にいえば散策なんだれど、僕はとにかくよく歩く。 パンケーキを食べるためだけに二駅分くらい歩いてみたり、 その後はしごして、現役引退した一流シェフの夫妻が経営するカフェに行ったり、 原宿…

122.50mmの単焦点とモノクロ写真

一ヶ月くらい前、こんな本を買った。 誰も伝えなかった ランドスケープ・フォトの極意 (玄光社MOOK) 作者: 相原正明 出版社/メーカー: 玄光社 発売日: 2013/12/09 メディア: ムック この商品を含むブログを見る これ、写真のムック本なんだけども、13件レビ…

121.遅い空を撮る

先日、前の職場の有休消化を活用して大阪に旅してきた。 0泊2日。深夜バスで行ってその日に帰りの深夜バスに飛び乗った。 今考えると本当元気だったと思う。そして体調をばっちり崩して風邪を引いた。 もう若くないのだなー、と、頭痛に悩まされながらしみじ…

120.渋谷で4年間働いてこれからも行きたいお店達

先日、4年とちょっと働いていた会社の最終出社日を終えた。 思えばあっという間の4年間。長いようで短かった。 学生時代には渋谷で働くなんて、夢にも思ってなかったのになぁ。 僕は基本ランチは外食する事が多かった。後半はコンビニで済ませてたけど、 一…

119.ライカが戻ってきた

年末〜年始に掛けて、撮った写真に光線漏れが起きるようになってしまった、 僕のバルナックライカ Ⅲc。さすがにこのまま使えないのは耐え切れないので、 馴染みの修理業の人にお願いをしてみた。自分で分解するのはちょっと怖いし。 最初はシャッター幕の不…

118.新しい年、変わる事

年が明けてもう二週目になった。明けましておめでとうございます。 今年は引き続き写真と、新しい仕事がメインの日々になるだろうな。 今の会社の仕事が全然終わる気はしてないんだけどね。 さて、新年という事で、身の回りの事をちょっと変えた。 まずひと…

117.Good end / 良い年末を

2015年もあと一時間で終わろうとしている。 あまり長々とは書かないけど、今年は写真が濃かった一年だった。 まさかライカを自分が使うことになるとは思ってもいなかったし、 フィルム写真に傾倒していくのも想定外だった。 結果としてカメラ仲間は増えたし…

116.期限切れフィルムで買い納め

先日、不要になった機材を売りに出した後、銀座のカメラ屋をぐるぐると廻った。 といってもレンズとかを買えるような状態でもなかったので、ほぼ冷やかしだ。 銀座は本当にカメラ屋が多い。今回廻ったので6軒はあったと思う。 で、大体どの店にもおいそれと…

115.古い建造物をクロスプロセスで撮る

先日、monogramの暗室Barという、 暗室でモノクロフィルムをプリントしながらお酒を飲もう、 というニッチするぎ会に参加した際、同じライカを使ってる人と知り合うことが出来、 その後「写真を撮りに行こう」という話になった。 場所として彼が提示してくれ…

114.冬の由比ケ浜へ

今週のお題「今年見に行ってよかったもの」 先日、友人夫婦からの誘いに乗って、三人で冬の鎌倉へ出掛けた。 実を言うと、この時期の鎌倉に行くのは今回が初めてだった。 僕は基本的に4月〜6月あたりに鎌倉に出掛けていたので、季節は初夏。 今回のような時…

113.針を減らした時計、スカーゲン

今年の夏の事。大阪への一人旅の途中で友達と会った際に、 彼のしていた時計を見せてもらった時がある。 ochanoshizuku.hatenablog.com 一応会う前からその時計の存在は知っていたけれど、実物を見て驚いた。 厚みのあるのが普通の自動巻式腕時計であの薄さ…

112.クロスプロセスで撮ってみた

フィルムカメラで撮った写真って、ぱっと見で判るよね。 それは忠実じゃない色合いだったり、粒子の荒さだったり、露出のズレだったり。 デジタルカメラでなら多分生じないそういったズレがフィルムの味だと言ってもいい。 では、それをより、思いっ切りそれ…

111.バルナックライカ用カメラバッグを作るライフハック

今週のお題「今年買って良かったモノ」 お題その2。 僕が使っているメインカメラはバルナックライカだ。 多分このブログに検索とかで来てくれる人達も、 同様にバルナックライカユーザーの人が多いだろう。 そんな人達に聴いてみたい。カメラバッグとか、ど…

110.デザフェスを終えて、僕の写真へ

11/21、デザインフェスタvol.42のA-140で、 『borollaro』としての活動第一回目が無事に終わった。 結果から言って、写真集は売れなかった。ページ数と値段の折り合いだろう。 でも無料配布で配ったL版写真は色んな人が持って行ってくれたし、 その中で色ん…

109.僕とライカ、はじめの一年

今週のお題「今年買って良かったモノ」 僕が幼少期を過ごした時代にはフィルムカメラがあった。 それが気付いたらデジタルカメラが世間では一般的になって、 僕もそれにならってデジタルカメラを使い、写真が好きになっていた。 生まれて25年、気付いたら自…

108.フィルムカメラ始めて約8ヶ月で試したフィルム達

今回はこの記事の続き。 camera-stylo.hateblo.jp 前回自分で使って現像してきたフィルムの種類は7本。 それと比べると今回はちょっと少ないけど、5本のフィルムを紹介したい。 内訳はカラーネガ2本、モノクロ2本、モノクロだけどカラーネガみたいなの1本。 …

107.Design Festa vol.42に出展します

今日は宣伝記事です(前置き)。 来週11/21の土曜日に、国内最大級のアートイベント、 デザインフェスタ vol.42 に出展します。 designfesta.com デザインってついてる割にデザイナーが全くいない名前詐欺なイベントです。 デザフェス自体には大学生の時から…

106.スケートボードが欲しい

突然だけど、スケートボードが欲しい。 僕が毎日通っている渋谷では勿論だけど、最近よく都心部でスケートボードを見る。 二年程前から移動の手段としてスケートボード、もといクルーザーが流行り出したらしく、 電車の中でも派手な色したクルーザーを片手に…

105.僕の身の回り

今週のお題「愛用しているもの」 愛用品の話。 このブログで僕が話す事と言ったら半分以上がカメラの事なのだけど、 せっかくだから今回はカメラ以外のものも話してみようと思う。 まず服。僕はシャツが好きで、ほぼ毎日のようにシャツを来ている。 メーカー…

104.夏の終わりとエルマー

気がついたらもう夏はとっくに終わって、秋から冬になろうとしている。 前回夏休み前半のことを書いてから随分経った。 9月には大学4年間を一緒に過ごした大切な友人の結婚式を、 10月頭から中旬にかけては夏休み後半戦を過ごし、 その中でミラーレスのSDカ…

103.麦の美味い夏

ここ数年、僕は夏になると関西に行っている。 目的には主に二つあって、ひとつは大学時代のサークルの友人に会いに行く事だ。 彼は去年までは京都に住んでいたけど、つい数ヶ月前に滋賀県に移り住んだ。 滋賀県といえば琵琶湖。米原から長浜まで、レンタルサ…

102.富士の花鳥園に行ってきた

先日、富士花鳥園に行く機会があった。 実は行くまで花鳥園は掛川、神戸にしかないと思っていたので、 富士にもあるというのを知ってちょっと驚いた。 名前に花と鳥が入っている通り、花鳥園には様々な鳥と花がある、 はずなのだが、僕が行った際に撮ってき…

101.LC-A+で撮ってみた

ライカの紹介で写真の紹介が遅くなったLC-A+。 使ってないわけじゃないよ、むしろライカとLC-A+の二台持ちが最近のメイン。 ライカにはモノクロフィルム、LC-A+にはカラーフィルム。 焦点距離も50mmと32mmなので、標準と広角という使い分けも出来てるね。 『…

100.ライカ

今回で、前のブログから数えて100記事目になる。 結構間が空いてしまったのは、その100記事目に一体何を書こうか、 というのを色々考えてしまっていたからだ。 ただのブログの100記事目だが、そういう区切りっていうのは大事にしたい。 まぁだからって話す内…

099.LC-A+を手に入れた

三ヶ月前に、こんな記事を書いた。 082.レンジファインダーについて思った - Good morning / おはよう世界 レンジファインダーカメラ、FED-2を買ってすぐに書いた記事だ。 この中で僕は一冊の本と、ひとつのカメラに触れた。 ケヴィン・メレディスの『たのし…

098.フィルムカメラ始めて約三ヶ月で試したフィルム達

ミラーレス一眼 OM-D E-M5でオールドレンズを使い始め、 気付けばFED-2から入ったフィルムカメラの世界。 一番悩ませてくれるのはフィルム選びだ。同時にこれが楽しい。 同じ本体、レンズでもフィルムの選び方で写真が全然変わってくる。 レンズ沼という言葉…

097.首から吊るな、カメラは手に持て

最近都心を歩いていると、よく見かける人種がいる。 真っ黒なニコン、キャノンの一眼レフを首からぶら下げてるアジア系の人達。 サングラスを掛け、皆一様に同じ格好をしている。カメラも同じ。 正直アレを見ると辟易するんだけど、特に気になるのがカメラス…

096.嫌いな街

僕の本業はweb製作会社のコーダーだ。htmlという言語でサイトを作る人。 会社があるのはザ・若者の街、渋谷。ゴミ溜めのような街、渋谷。 もう通い出して4年くらいになるけど、センター街近辺はいまだに嫌いだ。 それは同じ渋谷に職場を持つ人、遊ぶ友達の皆…

095.アクリュに行ってみたい

大阪にあるカメラ用品専門店、Acru(アクリュ)の事だ。 ここはカメラストラップはもちろん、多種多様なカメラバッグも作っており、 さらには写真教室、フォトギャラリー貸し出しまで行っている。 なかでも僕がグッときたのは、このカメラバッグシリーズだ。…

094.いつもの世界から色を抜いて

元々レンジファインダーカメラが作られた時代は、カラーフィルムなんてなかった。 所謂モノクロフィルムが主流の時代で、レンズ達もそれに合わせて作られていた。 だからといってカラーで使えない訳もないんだけども、 要するにレンジファインダーの性能を10…

093.開きっ放しの絞りは正義か悪か

カメラの『絞り(F値)』の話。 OM-D E-M5を買って間もない頃、僕は一本のレンズがすごく気になっていた。 それは前に記事でも触れた、M.ZUIKO DIGITAL 45mm f1.8。 OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 シルバー 出版社/メーカー: オリンパス …

092.フィルムカメラの存在意義について考える

最近になってフェドを、そしてまだ話さないけどあるカメラを購入し、 ネガフィルムを現像に出す機会が多くなった。 大体月に2回、2本のフィルムをいっぺんに出している。 つまり4本。これは、撮り過ぎだろうか。 正直な話、フィルムカメラなんてちゃんと使う…

091.写真の参考書が欲しい

写真は中学生時代からの趣味の延長で、 最近になって創作手段のひとつにしようとしてるんだけど、 やっぱり我流でやってるが故にマンネリ化しやすい。 なので参考書とかを最近買い始めてる。 ナショナルジオグラフィック プロの撮り方 露出を極める 作者: ブ…

090.Lファスがやってきた

僕は皮革製品、いわゆるレザーものが好きで、日常生活で使うものの大体がレザー製だ。 最初は多分ペンケース、そこから一度飛躍して鞄、そして財布、パスケース、靴などなど。 レザーは使って行くうちに姿を変えていって、それが唯一無二の魅力になる。 使い…

089.Flowers / 路傍の花

LOSTAGE [Flowers/路傍の花] - YouTube 気がついたら気候は20度後半をたたき出すようになり、 春というよりは初夏のような感じになっていた。 暑がりの僕としてはもうちょっと寒くもなく暑すぎない、 春の時期を楽しんでおきたかったのだけど。これも温暖化…

088.江ノ島旅行

GW前半を使って鎌倉〜江ノ島に行ってきた。 僕にとってこの地域は、高校を辞めるかどうか考えてる時にふらっと行って以来、 それから何度も通っている『第二の実家』のような安心感のある場所だ。 少しずつ変わる事もあるけれど、あの土地が持つ雰囲気はい…

087.エルマーのかわりにインダスターを手に入れる

バルナックライカでレンジファインダーが気になって、FED-2を買った。 しかし、付いてきたレンズは普通のレンズ。 僕は沈胴式がどうしても欲しかった。 一番有名なのはライカのエルマーだろうか。 バルナックライカとセットでよくブログやカメラ雑誌に載って…

086.トリッカーズの靴

靴を履いている。 いや、そんなもん当たり前だけど。裸足で外に行く訳ない。 靴だけではないが、道具っていうものは使って行くうちに愛着が沸くものだ。 しかし靴は歩くにつれて、次第に靴底がすり減っていってしまう。 好きなものはたくさん使いたいのだが…

085.旧ソ連のライカ、FED-2

いい加減に、この旧ソ連のカメラについて語ろう。 といっても、スペックやら歴史的経緯は語らない。ググればたくさん出て来る。 少しだけいうなら、このカメラを作ったのはスターリンの大粛正によって生まれた、 多くの孤児達だと言う事。それだけは忘れずに…

084.泥まみれのレンズ

またFED-2の記事じゃないんだ。すまない。 先日某富士屋に使わなくなってた中古レンズを売りに行った帰り、 ジャンクコーナーをいつもの流れ的に覗いてみたところ、 Super Takumar 50mm f1.4がぽん、と転がっていた。 50mm f1.4、なんてスペックは今日日のレ…

083.軽い気持ちで記事を書く

いつも『しっかりと書くぞ!』と意気込まないと書けない。 はてなブログのエディタに直接書く事はせず、WriteRoomを使って書いてるんだけど、 それだと気楽に更新できなくてアレだなと思った。 別に、個人のブログなんだし、責任も何もないし、好きな事を書…

082.レンジファインダーについて思った

最近、フィムルカメラにも興味が出ていた。 というのは、簡単な話でマニュアルフォーカスで写真を撮る事が増えたからだ。 オートフォーカスのレンズも勿論持っている。しかもそこそこ良いヤツ。 でも最近は保存ケースの中にずっと仕舞いっ放し。 失敗が絶対…

081.タクマーから見える景色

オールドレンズとは、ざっくりといえば古いレンズだ。 オートフォーカスなんてものもなく、全ての機能を自分の手で調整する必要がある。 今でこそ、記憶媒体はSDカード、現像はレタッチソフトでの加工の事をいうようになったが、 90年代は当たり前のようにフ…

080.OM-D EM-5のこと

DP2x、GR Digital IVを下取りに出して僕が手に入れたのは、OLYMPUS製ミラーレス一眼、OM-D E-M5だった。 OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK 出版社/メーカー: オリンパス 発売日: 2012/03/31…